鉱山資源


資源保有埋蔵量は企業の未來に影響します。


創業以來、集団は資源保有量を拡大し続け、將來の発展のために強い基礎を築いてきました。


現在、北海集団は各類の鉱山を合計26カ所保有しております。鉱山數はタルク14鉱山、方解石4鉱山、マグネサイト3鉱山、珪石1鉱山、螢石1鉱山、ドロマイト(白雲石)2鉱山とソープストン(石鹸石)1鉱山を保有しています。


我々の鉱山は原石の品位が高くて埋蔵量が豊富です。専門家の探査と歴史資料によると、タルクの埋蔵量は4500萬トン以上、炭酸カルシウムは5500萬トン以上、その他の鉱石の埋蔵量は約5000萬トンとなります。


集団は露天掘りと坑內掘りによって、鉱石の採掘総量は185萬トン/年、その內タルクは80萬トン/年、方解石は70萬トン/年、その他の鉱石が35萬トン/年となります。


鉱石の主な種類:各グレードのタルク、方解石、マグネサイト、ドロマイト、シリカ、ソープストン、螢石。


採掘された鉱石は、まず広いヤードに備蓄されます。原石は、厳しい選別を行い、品種、グレード、用途別によって保管され、汚染と異物混入を防ぐようにします。